Architect Labo

設計の徒然日記

Archive for 12月, 2011

最上階のコンクリート打設

件のコメント

今日は午前7時30分より最上階の躯体コンクリート打設の立ち会いです。

計画打設数量は240m3でそれほど多くはありませんが、耐震スリットがスラブ上ではなく梁下に設けられている関係で、点在する独立壁の先行打設が多いため時間との勝負になります。

それでも順調に打設を終え、午後4時前には完了しました。

20111226

打設完了後、ポンプ車の片付けを眺めていて職人さんと色々な話をしました。

この現場では毎回ブーム長36mのポンプ車で余裕の作業環境です。建物の規模はそれほど大きくないものの、建物奥まで問題なくブームを届けるためにはやはりこれくらいのポンプ車が必要だと感じます。

余談ですが、このポンプ業者さんが、あの福島第一原発の事故で原子炉へ放水作業のためにブーム長52mのポンプ車貸し出しを申し出た会社です。そして、貸し出したポンプ車はどうなったのか聞いてみたら、放射能汚染により原発から持ち出し禁止となり、最終的に買い取りになったとか。

36mでもかなり大きいですが、やはり52mに比べると小型扱いされるそうです。ちなみに、持ち出し禁止になったポンプ車の代わりに、今度は60mのポンプ車を買ったそうです…。

身近で原発事故の対応にあたられた方が居たことは本当に驚きました。

 

 

季節がら、コンクリート出荷から打設完了までの時間的余裕はありますが、打設完了後のスラブ金鏝押さえは寒い季節だけに遅い時間となります。

20111226-2

周囲の住宅に配慮しながら、バルーン投光機を灯しながら、今年最後のコンクリート打設は完了しました。

 

Written by architecter

12月 26th, 2011 at 10:15 pm