Architect Labo

設計の徒然日記

外装下地

件のコメント

外壁を施工する前の防水処理です。

水蒸気を通して水滴を通さない「透湿防水シート」を施工します。これは水の分子の大きさで分けられ、水蒸気のような小さなものは通しますが、水滴のような大きなものはシャットアウトするものです。シート自体は紙のような感触ですが、細かな繊維が絡み合い、水蒸気のみを通す仕組みになっています。

 

今回はこの防湿防水シートにアルミ加工が施され、熱も反射する優れモノを採用しています。熱の反射とは主に赤外線のことで、夏場は陽ざしからくる室内への輻射熱を防ぎ、冬は屋内からの熱の放射を抑え、魔法瓶のような効果を発揮します。

DSC08595

デュポン タイベックシルバーです。

色々なメーカーから透湿防水シートにアルミ加工を施したものが出ていますが、見た目はよく似ていても中身は全く違うものも見受けられます。デュポンのタイベックシルバーは極細繊維の段階でアルミが蒸着され、それをシート状に製品化されているため、他社のラミネート加工されたものに比べて耐久性は高いようです。

実際、外壁の下地部分は外壁の素材にもよりますが、サイディングや金属系の場合、かなり高温になります。高温高湿の状態でアルミが劣化してしまっては、せっかくの遮熱効果も薄れてしまうので、耐久試験の成績などを見比べてタイベックシルバーを採用しました。

 

DSC08766

シートは優れていても施工するのは人です。

どんなに手間をかけても隙間が出来てしまったり、それに気付かずに外壁を貼ってしまうと後々の漏水事故にもつながってしまうので、要所要所は防水テープによる補強を行います。統計的にどの部分からの漏水事項が多いのか、データに基づいて補強を行う箇所も予め分かっています。

 

DSC08790

配管や配線の貫通部分も入念に防水テープで補強をします。

この後、第三者による外装下地検査も受け、外壁工事へと移行します。

 

Written by architecter

9月 8th, 2014 at 7:57 pm