Architect Labo

設計の徒然日記

Archive for 12月, 2014

換気設備の調整

件のコメント

一種換気を稼働させて暫く経ちますが、家の中は当然ながら上階ほど暖かく、下階ほど寒いです。

暖かい空気は上部に滞留するので、1~3階の吹抜けと、2~3階の吹抜けと、シーリングファン2台で空気の循環はかなり良いですが、やはり温度は上階ほど暖かいものです。

そういえばこの換気設備で小屋裏の空気を1階床下まで送風する機能を付けましたが、スイッチは未設定のまま。小屋裏が暖かければ、その暖かい空気を1階床下に送れるので熱の循環になりますが、今回は天井断熱を採用したため小屋裏はほぼ外気温と同じで寒く、センサーが働いて送風することが出来ません。

メーカーの設置説明書では小屋裏の一部を囲い、直下の天井にガラリを付けて暖かい空気を取り込むようになっていましたが、今回は天井ガラリから直結で1階に暖かい空気を送るようにダクトを引き直しました。

IMG_0312-2

1階床下のダクト出口を見てみると・・・断熱材に密着して出口が塞がっていましたので向きを直して暫く様子見ですね。

Written by architecter

12月 30th, 2014 at 5:20 pm

Posted in つぶやき,住宅,