Architect Labo

設計の徒然日記

できる工事監督

件のコメント

私が工事監督をしていた頃、毎日のように大工さんや各業種の職人さんと打ち合わせをしながら現場を巡回していましたが、それでも最多時は着工から竣工間際まで合わせると15棟前後の多棟管理だったため、廻り切れない現場もありました。状況によりけりですが、大工さんが造作工事の段階になると現場は安定して流れていくことが多いので、棟梁にほぼお任せして、問題があれば連絡をもらって確認に行く・・・なんてこともしばしばありました。

その後、設計事務所に勤めていた頃、分離発注で住宅の設計監理と工程管理もしていたため、設計事務所でありながら工事監督のような仕事もしていましたが、当時の師匠(所長)から「現場に行かなくても監理できるように考えなさい」と、「はぁ?」みたいな難問とも言える問題をぶつけられ、面食らったことがあります。

実際、工事監督だった頃を思い返せば、本当に必要な工事確認より職人さんたちと無駄話をしている時間が結構あったかも・・・と思うあたり、移動時間も含めて考えればもっと効率よく現場を廻ることができたはずですね。

 

監督の仕事は「段取り八分」と言われていますが(今でも言うのかな??)、しっかり図面を読み、見積もりや原価管理をしながら、工程表を随時更新して早い手配と適切な確認で工事を効率よく進めるのが本来の姿で、段取りがしっかりできていればミスや職人さんの出戻りも極端に減り、安定した工事管理が出来るようになり、あとは手配通り、図面通りに工事が出来ているのか現場で図面と整合確認で済みます。また、図面がしっかり読めていれば、納まりの難しいところに早く気付き、設計や営業と打ち合わせをして職人さんから質問される前に指示をすることが出来るようになります。そうすると現場での滞在時間も短縮することができますね。但し、そのためには頭の中で作業や工事の流れを組み立てられる知識と経験が必要ですけれどね。

現場で工事作業をする監督は実に多いです。が、その作業は本来職人さんに依頼するものであって、監督の仕事ではありません。お施主様の立場で考えてみても、その道のプロの仕事だから安心するのであって、監督はその道のプロではありません。そのあたりを勘違いしている方も多いです。しかし、現実では誰がやるのか割り振り不明な雑作業が多いのも事実ですし、あえて作業を職人さんと一緒に行う場合もありますが、そうした細かな作業は事前に把握して、予算を割り振り、自分が作業をしなくても良いようにするのも監督に求められる資質でしょう。現場で作業や手直しで忙しそうにしている監督は、一見「できる監督」に見えますが、よくよく本質を考えてみれば、段取りができていないから誰がやるのか分からない作業に追われていたり、適切なタイミングでの確認を怠ったために手直しを依頼するタイミングを逃し、自分でやらざるを得ない状況になってしまっていたり、原価管理や発注が甘く、予定した利益を割り込んでしまうため自分で作業をして稼いだり・・・その結果、本来やるべき手配や段取りの時間が奪われてしまうという悪循環に陥っているケースは結構あると思います。

注文住宅の工事管理は、常駐管理ではなく多棟管理になります。一つの物件でトラブルが発生すると、その処理に時間を取られ、他の現場が手薄になり新たなトラブルが発生するという負のスパイラルに陥りがちです。そうした状況を避けるためにも週に1日程度、そして毎日数時間は事務所で確認や手配に集中する時間を取ると効率は良くなると思います。

今回は監督について書きましたが、もちろん営業・設計もすべき業務を果たした上での話ですよ(苦笑

Written by architecter

3月 28th, 2017 at 7:40 pm