Architect Labo

設計の徒然日記

Archive for the ‘つぶやき’ Category

できる工事監督

件のコメント

私が工事監督をしていた頃、毎日のように大工さんや各業種の職人さんと打ち合わせをしながら現場を巡回していましたが、それでも最多時は着工から竣工間際まで合わせると15棟前後の多棟管理だったため、廻り切れない現場もありました。状況によりけりですが、大工さんが造作工事の段階になると現場は安定して流れていくことが多いので、棟梁にほぼお任せして、問題があれば連絡をもらって確認に行く・・・なんてこともしばしばありました。

その後、設計事務所に勤めていた頃、分離発注で住宅の設計監理と工程管理もしていたため、設計事務所でありながら工事監督のような仕事もしていましたが、当時の師匠(所長)から「現場に行かなくても監理できるように考えなさい」と、「はぁ?」みたいな難問とも言える問題をぶつけられ、面食らったことがあります。

実際、工事監督だった頃を思い返せば、本当に必要な工事確認より職人さんたちと無駄話をしている時間が結構あったかも・・・と思うあたり、移動時間も含めて考えればもっと効率よく現場を廻ることができたはずですね。

 

監督の仕事は「段取り八分」と言われていますが(今でも言うのかな??)、しっかり図面を読み、見積もりや原価管理をしながら、工程表を随時更新して早い手配と適切な確認で工事を効率よく進めるのが本来の姿で、段取りがしっかりできていればミスや職人さんの出戻りも極端に減り、安定した工事管理が出来るようになり、あとは手配通り、図面通りに工事が出来ているのか現場で図面と整合確認で済みます。また、図面がしっかり読めていれば、納まりの難しいところに早く気付き、設計や営業と打ち合わせをして職人さんから質問される前に指示をすることが出来るようになります。そうすると現場での滞在時間も短縮することができますね。但し、そのためには頭の中で作業や工事の流れを組み立てられる知識と経験が必要ですけれどね。

現場で工事作業をする監督は実に多いです。が、その作業は本来職人さんに依頼するものであって、監督の仕事ではありません。お施主様の立場で考えてみても、その道のプロの仕事だから安心するのであって、監督はその道のプロではありません。そのあたりを勘違いしている方も多いです。しかし、現実では誰がやるのか割り振り不明な雑作業が多いのも事実ですし、あえて作業を職人さんと一緒に行う場合もありますが、そうした細かな作業は事前に把握して、予算を割り振り、自分が作業をしなくても良いようにするのも監督に求められる資質でしょう。現場で作業や手直しで忙しそうにしている監督は、一見「できる監督」に見えますが、よくよく本質を考えてみれば、段取りができていないから誰がやるのか分からない作業に追われていたり、適切なタイミングでの確認を怠ったために手直しを依頼するタイミングを逃し、自分でやらざるを得ない状況になってしまっていたり、原価管理や発注が甘く、予定した利益を割り込んでしまうため自分で作業をして稼いだり・・・その結果、本来やるべき手配や段取りの時間が奪われてしまうという悪循環に陥っているケースは結構あると思います。

注文住宅の工事管理は、常駐管理ではなく多棟管理になります。一つの物件でトラブルが発生すると、その処理に時間を取られ、他の現場が手薄になり新たなトラブルが発生するという負のスパイラルに陥りがちです。そうした状況を避けるためにも週に1日程度、そして毎日数時間は事務所で確認や手配に集中する時間を取ると効率は良くなると思います。

今回は監督について書きましたが、もちろん営業・設計もすべき業務を果たした上での話ですよ(苦笑

Written by architecter

3月 28th, 2017 at 7:40 pm

住宅設備ショールーム

件のコメント

また最近行く機会が増えた住宅設備メーカーのショールーム。色々なメーカーを見てまわるとあれこれ面白い部分も見えてきます。

住宅設備・・・一般に「システムキッチン」「システムバス(浴室)」「洗面化粧台」の3点セット、もしくは「便器」など衛生設備を含めて呼ぶこともあります。注文住宅とはいっても、住宅設備まで完全にオーダーで作ることは少ないのが現実。住宅設備は色々なメーカーの中から選択して、金額と内容から決定してくものです。

住宅設備のメーカーと一口にいってもその業態は様々で、衛生設備を含めた4点セットに内装建材や外装材、エレベーターに照明器具まで、住宅丸ごと一件分の材料を揃えた総合メーカーもあれば、システムキッチンや洗面に特化したメーカーもあり、ここ数年では異業種や同業他社が合併して新しい総合メーカーになるなど生き残りをかけた再編が進んでいます。

総合メーカーで代表的なものは「パナソニック」「LIXIL」「TDY(TOTO、大建、YKKAP)」といえばイメージしやすいですね。大都市圏のショールームは規模も大きく、1箇所で全ての住宅設備を見ることができて便利です。パナソニックはパナホーム、LIXILはアイフルホームで、住宅そのものを供給しているメーカーもあります。

住宅設備メーカーのショールームをあちこち見てまわると、それぞれ考え方や販売戦略、価格設定や基本仕様の違いを見ることができて、お施主様の反応も様々です。例えば某総合設備メーカーでは、数ある細かな機能をオプション設定とし、シンプルな構成をベースにして低価格から始めて上積み式になるような価格設定をしています。またあるメーカーは多くのお施主様が要望される機能を標準として盛り込み、ベース価格は若干高くなりますが、それでも「欲しいものが最初から標準で入っている」と思わせることが出来ています。面白いですね!

また実勢価格では、メーカー希望価格を高めに設定し、仕入れ掛け率を大きく引き下げて「お値打ち感」を出すメーカーもあれば、希望価格を低めに設定し、その代わりに仕入れ掛け率はそれほど下げないメーカーもあり、しかし実際完成してみればどちらも入手できる価格はそれほど違いがなかったり・・・あとは各ハウスメーカーの仕入れ努力と利益の考え方によりますね。

 

家を建てるとなると、ハウスメーカーや地元のビルダーに依頼する方が殆どですが、それぞれ仕入れルートや取扱い量の関係で、数ある住宅設備メーカーの中から「どのメーカーでも良いですよ!」と言いつつも、特定のメーカーに誘導され、グレードも予め設定されているのはよくある話です。年間の建築棟数が数棟という会社もあれば数百数千棟という規模まで様々ですが、設備メーカーを限定することで仕入れ数をまとめ、グレードを設定することで更に価格交渉して、スケールメリットで捻出した分をお施主様に還元したり、利益として確保するなど各社企業努力しています。

大手ハウスメーカーは自社ブランドで設備を供給しているところもありますが、そうでないところでは3点セットを一社の設備メーカーに揃えたがる傾向にあります。そうすることでスケールメリットを生み、何か不具合が生じても対応が簡便になるなどそれなりの利点がありますが、実際に色々な住宅設備のショールームを見てまわれば、キッチンは○○メーカーが良い、お風呂は□□メーカー・・・といった具合で、ハウスメーカーの誘導と施主の要望が一致しないケースが生じるのは当然で、設備メーカーを変えると途端に価格が上がったり、打ち合わせがスムーズに進まないことを嫌がるハウスメーカーでは、自社ショールームに各種設備の実物を設置して、そこで全てを決めるケースもあります。

 

住宅設備ひとつとっても業界の裏話的な話題には事欠かないです(笑

プリンター用のウォールシェルフ

件のコメント

IMG_0416

 

引っ越し以来、取り敢えずデスクの上に仮置きしたプリンターは移動させる先が無いまま数ヶ月が過ぎています。画像の右上に見える大きな物体がプリンターで、染料8色インクでとても表現力が高くて素敵なプリンターですが、とにかく重くて場所をとります・・・苦笑

 

で、ようやく資材も揃ったところで数日が経過。今日は仕事から帰宅して早速ウォールシェルフ(棚板)の取り付けに取りかかります。

ちなみにこのウォールシェルフは上下にアングルなどの金物を取り付けなくても良い片持ちの構造になっているので、見た目に厚さはありますがとてもシンプルな納まりになっています。他にも取り付ける予定がありますので、取り敢えず失敗しても許せるデスク近辺から試しも兼ねて取り付けです。

 

先ずは・・・資材とは別に調達しなくては行けない変成シリコンと仮釘を買いに近所のホームセンターへ一っ走り、帰りに買って帰ろうとして忘れました(汗;

水平をとりながら下地の桟木を打ち付けて、棚板の幅をカットして、接着剤代わりの変成シリコンを塗布してから棚板本体を仮留めして、水平を調整しながら本設置した後に仮釘で固定して24時間放置します・・・と、書くのは簡単ですが、なんだかんだで本設置までに1時間程掛かってしまいました。

 

今回調達した器具で水平器(水準器)がありますが、これを選ぶのに感度と精度に着目です。

感度とは気泡が動き出す時の勾配で、精度は気泡の指示範囲のバラツキとありますが、器具のサイズと精度と価格は必ずしも一致しないものですね。後はマグネット付きかどうか、封入されている液体の色や、JISによれば何等級か・・・くらいでしょうか。

この水平器は感度が±1.0mm/mとありますので、JISでは一番感度に低い3種に該当しますが、工作には充分ですね。

 

 

Written by architecter

2月 23rd, 2015 at 12:56 am

Posted in つぶやき,住宅

換気設備の調整

件のコメント

一種換気を稼働させて暫く経ちますが、家の中は当然ながら上階ほど暖かく、下階ほど寒いです。

暖かい空気は上部に滞留するので、1~3階の吹抜けと、2~3階の吹抜けと、シーリングファン2台で空気の循環はかなり良いですが、やはり温度は上階ほど暖かいものです。

そういえばこの換気設備で小屋裏の空気を1階床下まで送風する機能を付けましたが、スイッチは未設定のまま。小屋裏が暖かければ、その暖かい空気を1階床下に送れるので熱の循環になりますが、今回は天井断熱を採用したため小屋裏はほぼ外気温と同じで寒く、センサーが働いて送風することが出来ません。

メーカーの設置説明書では小屋裏の一部を囲い、直下の天井にガラリを付けて暖かい空気を取り込むようになっていましたが、今回は天井ガラリから直結で1階に暖かい空気を送るようにダクトを引き直しました。

IMG_0312-2

1階床下のダクト出口を見てみると・・・断熱材に密着して出口が塞がっていましたので向きを直して暫く様子見ですね。

Written by architecter

12月 30th, 2014 at 5:20 pm

Posted in つぶやき,住宅,

iPhone6 Plus

件のコメント

iPhone6 Plus が手元に届きました。

発売日には間に合いませんでしたが、2日の遅れなら許容範囲というところでしょう。ネットで予約をしましたが、単純な操作ミスにより予約開始から2分程ロスしてしまいました・・・これが2日間の遅れに繋がったのかも知れません。

_MG_5487

 

ちなみに、スペックはiPhone6 Plus の5.5インチ、カラーはGold、容量は128GB

乗り換え前のスマホはiPhone5 のシルバー、32GB だったので容量は大幅に増えました。

 

開梱した時のイメージは「デカッ!!」だったのですが、2〜3時間も使ってみると特に違和感もなく普通のサイズで、iPhone5 が逆に小さく感じてしまいます。ただ、画面が大きいだけに片手で全てを操作することは無理ですね。

まだ数時間の操作ですが、ホーム画面で本体を横向きにすると画面も横向きになるのは好印象です。YouTubeなどの動画も画面が大きいだけに奇麗に感じるぶぶんもありますが、アプリによってはただ大画面に間延びしただけという感もあって、慣れが必要ですね。

 

アクティベートをして、メールやLINEのアカウント設定も特に問題なく、今のところ「しまった!!」というような不具合はありません。iPhone5 も回線移行して使えなくなると、なんだかオモチャの様にみえてしまいますね。

取り敢えずケースも準備しましたが、Plus 用の大型はまだまだ種類が乏しく、これからといった感じで、ワイシャツの胸ポケットに入れてみると上部3センチほどが飛び出します。通話はギャラクシーノートをイメージした感じで、はっきりって格好悪いです(苦笑

 

とはいうものの、暫くは最新のオモチャとして時間を潰せそうです。

Written by architecter

9月 21st, 2014 at 5:04 pm

外装下地

件のコメント

外壁を施工する前の防水処理です。

水蒸気を通して水滴を通さない「透湿防水シート」を施工します。これは水の分子の大きさで分けられ、水蒸気のような小さなものは通しますが、水滴のような大きなものはシャットアウトするものです。シート自体は紙のような感触ですが、細かな繊維が絡み合い、水蒸気のみを通す仕組みになっています。

 

今回はこの防湿防水シートにアルミ加工が施され、熱も反射する優れモノを採用しています。熱の反射とは主に赤外線のことで、夏場は陽ざしからくる室内への輻射熱を防ぎ、冬は屋内からの熱の放射を抑え、魔法瓶のような効果を発揮します。

DSC08595

デュポン タイベックシルバーです。

色々なメーカーから透湿防水シートにアルミ加工を施したものが出ていますが、見た目はよく似ていても中身は全く違うものも見受けられます。デュポンのタイベックシルバーは極細繊維の段階でアルミが蒸着され、それをシート状に製品化されているため、他社のラミネート加工されたものに比べて耐久性は高いようです。

実際、外壁の下地部分は外壁の素材にもよりますが、サイディングや金属系の場合、かなり高温になります。高温高湿の状態でアルミが劣化してしまっては、せっかくの遮熱効果も薄れてしまうので、耐久試験の成績などを見比べてタイベックシルバーを採用しました。

 

DSC08766

シートは優れていても施工するのは人です。

どんなに手間をかけても隙間が出来てしまったり、それに気付かずに外壁を貼ってしまうと後々の漏水事故にもつながってしまうので、要所要所は防水テープによる補強を行います。統計的にどの部分からの漏水事項が多いのか、データに基づいて補強を行う箇所も予め分かっています。

 

DSC08790

配管や配線の貫通部分も入念に防水テープで補強をします。

この後、第三者による外装下地検査も受け、外壁工事へと移行します。

 

Written by architecter

9月 8th, 2014 at 7:57 pm

給水配管

件のコメント

屋内の上下水配管が進んでいます。暮らし方や間取りによって、キッチンや浴室といった水廻り設備が2階に配置することも多くなりました。

 

給水・給湯配管はヘッダー工法によるものが主流となっていますが、このヘッダーを配置する場所にも工夫があります。

DSC08383

1階に水廻りがある場合は、写真のように1階の床下=基礎部分にヘッダーを設置して、配管を直上の床まで立ち上げますが、2階にキッチンや浴室などの水廻りがある場合は、配管径や水圧により十分な吐水量を確保することが難しい場合もありますので、よくよく検討する必要があります。

最近の住宅では、道路からの水道引き込みをφ20で行う場合が増えており、市町村によってはφ20を標準にしているところもあります。しかし、まだまだφ13の場合が多く、例えば2階に浴室を設けた場合、他で湯水を使われるとシャワーの勢いが極端に落ちるケースもあります。

ですから、引込をφ20にするなど配管が太くなれば十分な水圧を見込むことが出来ますが、費用の負担も増えるるので配管による工夫も必要です。

 

DSC08559

2階の水廻り用に1階の天井裏=2階の床下部分にもヘッダーを設置しました。

このヘッダーまでの主配管を太い径のものにして水圧を確保し、このヘッダーからの枝配管は通常のφ13で施工します。ちなみに蛇口や設備へ接続する配管はφ13が規準となっていますので、φ20で配管したとしても径を絞る必要があります。

ヘッダー配管の場合、配管径の種類は10A、13A、16A、20Aがあり、数字がそれぞれの径を示しています。同時使用する器具の種類と優先順位、配管延長、高低差などを考慮して決めなくてはいけませんね。

Written by architecter

8月 18th, 2014 at 8:32 pm

地質調査の結果

件のコメント

先日行った標準貫入試験(以下、ボーリング)の結果が届いていました。

SS(サウンディング)は建物の四隅と中央の合計5ヵ所を調査しますが、ボーリングでは中央の1ヶ所のみを調査しています。

SSでは深さ5.7m付近で地盤の強度が高くなる部分があり、換算N値が最も高いところで19.4でしたが、ボーリング調査では6しかありませんでした。ボーリング調査ポイントと同じ中央付近のSSデータでは17.5でしたので、「何か」に接触したのかも知れませんね。

N値と換算N値は違うものであることは理解していますが、ここまで数値が離れると疑問が生じます。現地でボーリング調査をしてくれた方と話をしましたが、確かにボーリングでは土質サンプル採取と貫入試験を繰り返すため、土質サンプル採取の際に突き抜けてしまったのかも・・・その可能性は確かにありますね。そしてボーリングによる5.75m付近の土質は「シルト交じり細砂」となっており、砂が締まっていて換算N値を上げたのかも知れません。SSは大きな石や埋設物にぶつかると、それ以上深く調査出来ないのは弱点ですね。

そういう意味ではSSとボーリングの併用は理想だと思いますが、木造2階建てでは意見が分かれるところでしょう。

 

心配していた液状化の検討は土質区分とN値による検討で、危険度は低いとの判定が出たのと、支持層の深さと厚みはN値50以上の層が10m付近から2m以上の厚みで確認できたので粒度試験は取りやめて、当初より深くなりましたが9.3mの地層に支持させます。ちなみに砂礫層なので非常に硬いことが予想出来ます。

結果、改良工事は二転三転しましたが、最終的に支持層まで鋼管杭で落ち着きそうです。

 

Read the rest of this entry »

Written by architecter

7月 8th, 2014 at 5:23 pm