Architect Labo

設計の徒然日記

Archive for the ‘耐震補強’ Category

金物取付け

件のコメント

建て方から約3週間・・・ようやく金物の取付け目処がつきました。

お盆休みもあり、毎日必ず雨が降るような悪天候のなか、大工さんは毎日ブルーシートを捲ったり囲ったりの繰り返しでご苦労様です。

DSC08699

3階建は構造の負担が大きいため、柱脚にはホールダウン金物が多数取り付けられています。基礎から土台を固定するアンカーボルトの他にホールダウン用のφ16の太くて長いボルトも設置します。

以前にも書きましたが、30坪程度の2階建てならホールダウン用アンカーボルトは5~6本程度ですが、今回の3階建は36本もあります。基礎に埋め込む場合は事前に筋違の位置やアンカーボルトと干渉しないように設置していますが、問題は柱頭です。

 

 

DSC08700

当初の予定では、手前の柱頭にホールダウン20kNを2本設置することになっていましたが、現場の納まりで梁下にボルト引きの箱穴があり、ボルトとも干渉するためホールダウンを2本設置することは出来ませんでした。

DSC08588

対策として20kN×2=40kNの金物が7月から発売されたとのことで、今回はこの40kNの金物を設置しすることにしました。

但し、注意したいのは上階へ貫通しているボルトは通常タイプだと40kNの引っ張り強度に耐えられないということで、上部写真のように青く色付けされた高強度のボルトを採用しなくてはいけません。そして、上階の金物も強度のバランスを取るために40kNに変更する必要があります。

 

ちなみに、2枚目の写真に写っている黒いシリンダーのようなものは「制振ダンパー」で、地震の揺れを半分程度に吸収してくれる優れモノです。

Written by architecter

8月 27th, 2014 at 8:48 pm

鉄骨耐震ブレース 建て方

件のコメント

いよいよ鉄骨耐震ブレースの建て方です。

先日製品検査した鉄骨部材は溶融亜鉛メッキ処理され現場に搬入されました。

20101026-1
ピカピカ光って眩しいです。

20101026-2
部材を並べてボルトで仮固定した状態で水平レベル調整、2スパンの組み立てに約半日掛かりました。仮に組んだところで全長、対角など寸法を確認します。

20101026-3
作業の合間にボルトの確認は怠りません、鉄骨部材が溶融亜鉛メッキですから使用するボルトは溶融亜鉛メッキ高力ボルトで、JIS準拠のF8T相当です。

20101026-4
高力ボルトのセット、一次締め、マーキングを行います。

20101026-5
本締めはナットの回転角度で管理します。

組み上がったブレースは所定の場所にセット・・・しかし、スタッドとアンカーボルトに加え、鉄筋のピッチが75と細かいため、正規の位置に納めるために更に1日ほど掛かる様です。

Written by architecter

10月 26th, 2010 at 8:26 pm

Posted in 監理,耐震補強

感覚ではなく数値化する

件のコメント

耐震補強の監理で、既存の鉄筋コンクリート面に対して新たにコンクリートを増し打ちする場合、既存部分の目荒らしが必要になります。

設計図書では25%程度とか50%程度と、部位ごとに目荒らしする割合の指示がありますが、では実際にどの程度が25%で50%なのか、後からでも説明できるよう予め基準を作っておく必要があります。

そこで、今回は1m×1mを想定した25%の目荒らしについて画像のようにしました。

20100921
100cm×100cm=10,000cm2となり、25%以上では2,500cm2の面積を目荒らしする必要があります。そして画像は赤色のスタンプが4cm×4cmで、8cmピッチでマーキングされています。

つまり8cmピッチは1mあたり12.5個となり、1m×1mだと12.5×12.5=156.25箇所となります。

スタンプが4cm角ですから、4×4×156.25=2,500となり、スタンプが全て見えなくなるなるまで目荒らしを行えば、全体で25%以上になることが説明できます。

 

些細なことかも知れませんが、「どうやって25%にしましたか?」と聞かれても、これで戸惑う心配はありませんね(苦笑

Written by architecter

9月 21st, 2010 at 7:07 pm