Architect Labo

設計の徒然日記

Archive for the ‘JIS’ tag

立上りコンクリート打設

件のコメント

基礎立上りコンクリート打設で、ベースと同じく27-18-25Nです。

今回、ポンプ車のオペが横着をしました。知らなかったとは言え、コンクリートを扱うものなら常識として、次回同じことをしたら生コン1車持ち帰りを言い渡して作業開始です。

 

DSC08286

打設に先立ち、型枠寸法の再確認とアンカーボルト・ホールダウンアンカーの長さと埋設長さ、設置位置とコンクリートからの出の寸法を確認します。

通常2階建てならホールダウンアンカーは6~8本程度ですが、今回は3階建てということで36本もあり、やはり開口部付近は応力が集中するためか密に配置されています。

 

アンカーボルト類の田植え設置・・・コンクリートを打設してから埋め込むのは禁止とし、予め設置位置に高さの調整と共に固定しておきます。こうすることで忘れがなくなり、特にホールダウンは筋違の足元との干渉を避けるために芯ズレ納めをさせるので、精度の向上が期待できます。

 

DSC08294

当然立上りコンクリートでも受け入れ検査をしていますが、ほとんどの検査室は型枠にコンクリートを入れたばかりのテストピースをその場で持ち帰ってしまいます。

あるプラントの試験室は、現場で型枠にコンクリートを入れたテストピースを24時間程度経過してから改めて回収にきます。面倒ですが・・・JISではそうなっているそうです。確かに、コンクリートが柔らかい状態で現場からプラントまで車から振動を受ければ、重い骨材は沈み、水分は上昇して分離するかも? そう考えると24時間たってから回収する検査室は正解ですね。

 

Written by architecter

7月 29th, 2014 at 9:46 pm